Freebell

最高の顧客体験のために

データサイエンスを理解し、実践サポートに特化する専門業者です。

サービス一覧はこちら

経営幹部自らがデータを使う時代へ

CRM/MAなどのデジタルツールの運用・定着化サポートを行う私たちは、最高の顧客体験こそ企業の価値を高めると考えます。

最高の顧客体験のためには、予め決定した必要なデータを欠損のない状態で取得し、それを活用する力を組織で高水準に保つ必要があります。このデータ決定スキルのある経営陣を私たちは「データ使い」と呼んでいます。

経営幹部こそ、データ使いになろう。

MA/CRMなどのデジタルツールが吐き出すデータを使ってより分析的に考える能力のある経営陣・経営幹部のことを私たちはデータ使いと呼んでいます。

このスキルは「データサイエンティスト」のメイン仕事と隣接しているものの、明らかに異なるスキルです。ビジネスドメインを理解し尽くした経営陣によるデータを見つめる能力は今後はますます重要になります。

無料セミナー

私たちは、「データサイエンスの観点」で「ビジネス領域」を理解するデータ使いのための学びの場を無料で提供いたします。

最高の顧客体験 のための探索すべきデータとは

フリーベルは経営陣による意思決定に基づいて最高の顧客体験のための行動プランとコンテンツ作りなどの具体的な実践サポートをサービスとして提供させていただいております。そこで経営陣が足元の迅速な意思決定をするために次のような切り口でのデータ取得を推進しています。

財務データ

株主を意識したファイナンスデータ

経営陣は投資家が企業に求める事実をベースに経営判断に必要となるデータを探索しなければなりません。どんな株式会社も一人以上の投資家によって構成されていますので、投資家が企業とその経営陣に求めることを知り、対応しなければなりません。

顧客体験データ

売上最速化のための顧客行動データ

高い水準で運用されたMA/CRM/SFAから吐き出される営業&マーケティング・データをもとに、どのマーケティング・シナリオ、どの営業アプローチが売り上げに最もインパクトがあったか、など経営者は最高の顧客体験をもたらす顧客データを探索しなければなりません。

働き方データ

費用効率化のための自社行動データ

一方社内のデータも蓄積されています。企業にとってニューノーマルな働き方や「ジョブ型」の働き方を模索する時代となり、直接的には「費用」となる働き方も変わらざるを得ません。売上を最大化する最小の費用のため、リソース管理、モチベーション管理のためのデータを探索しなければならなくなることでしょう。

いますぐ無料で参加しよう!

提供しているサービス
Our Services

フリーベルは、貴社の具体的な行動プランとコンテンツ作りなどの実践行動を、以下の3つのサービスによって提供しています。取得したデータを元にどのように行動すれば、最高の顧客体験を作り出すことができるのか、データと行動を結ぶために貴社とともに伴走するサービスを展開しています。

その前に。

マーケティング行為とデータをどのように使うかの間は切っても切り離せない関係があります。まずはオンラインセミナーで学んでみませんか。

以下、サービスについての考え方をお話しさせていただきます。

サービスについての考え方

貴社の顧客が通る「道」を準備し、より多くの顧客を「導く」お手伝いをいたします。

最高の顧客体験を演出することで貴社の「稼ぐ力」は最大化できる。商品それ自体に全ての価値があるのではない。私たちはそう考えています。 そして「稼ぐ力」を実現するためには営業&マーケティング全体が「仕組みとして」機能しなければならないと考えます。私たちは貴社の「稼ぎの軸」を研ぎ澄ますため、あらゆる技術的なサポートをさせていただきます。 詳しくは以下をご参照ください。

道を作る

お客様の通り道を作るサービスを提供します。

まずはお客様の通り道を作りましょう。営業領域ではアポイントから商談、見積もり、成約までのルート、デジタルでは自動化ワークフローがそれにあたります。「シナリオ」や「オートメーション・ルール」の活用で見込み客の行動に合わせた一連の活動を自動化。営業活動、展示会、セミナーで得た見込み客は、SFA/MAに登録し、いつでも使えるようにするのです。

人繰りして
Resources Monitoring

まずシナリオを作るメンバーを組成します。シナリオとはデジタルだけでなく、営業がどのように動くのかも含めた全行程のシナリオです。あるシナリオを作るためには当然ターゲットとセグメントをあらかじめ絞り込んでおく必要があります。ですから担当営業をシナリオ設計にアサインする必要があるでしょう。

進捗確認し
Progress Monitoring

行動計画の進捗を確認します。実際にシナリオを実行に移せば、顧客の行動や各マーケティング施策の効果はリアルタイムに可視化できます。データをもとにした的確な判断 ができるよう、しっかりと道を設計しましょう。

予算を返済する
Financial Monitoring

これらの作業とは別にこのシナリオによる売上までの期間は何ヶ月になるか予め予測してください。その上でそこまでかかる積み上げ費用も同一期間で計算してください。これらを引き算すれば返済までの期間が計測できます。これは投資回収期間と呼ばれ、「(時間概念がない)ROIのデメリット」を克服するものです。

導く

お客様を導くサービスを提供します。

次に作った「道」にお客様を「導き」ます。お客様が「道」をスムーズに通っていただくために「道」に魂を入れ「にぎわい」を演出、コミュニケーションを交わし、導くのです。かんたんに言えば営業領域では交渉力、マーケティング領域ではコンテンツ力によってお客様は導かれます。

人繰りして
Resources Monitoring

まず自社の商品サービスの「魅力を語る」ことができるメンバーを召集・組成します。SNSや動画などの「道」すなわちチャネルと組み合わせて魅力を演出するためのメンバーなどがいると素晴らしいです。次に、それを演出できるスキルも召集する必要があります。営業活動部分は営業マン、マーケティング領域は社内のディレクター並びに社外のクリエイターなどを召集します。

進捗確認し
Progress Monitoring

道を作って顧客を導くとは、具体的には「シナリオ」に「魅力」ある営業活動やコンテンツを加え顧客を導くことに他なりません。ところが、言うのは簡単ですがもっとも心が折れやすいのがこのフェーズです。新しいシナリオ通りに営業は動いてくれるでしょうか。コンテンツ制作はスムーズに運ぶでしょうか。社内のリソースだけでコンテンツが量産されたりするのは稀です。業務が「板につく」まで心を折らせずしっかりと進捗確認をしましょう。

予算を返済する
Financial Monitoring

さて、再びおカネの話です。このシナリオに加えるコンテンツの質の高さによって、売上までの期間は何ヶ月になるか(短くなるか)予め予測してください。次に、その上でそこまでかかる積み上げ費用も同一期間で計算します。最後にこれらを引き算します。こうすれば返済までの期間が計測できるからです。これは投資回収期間と呼ばれ、「(時間概念がないという)ROIのデメリット」を克服するものです。

くふうを重ねる

「やめない」組織、工夫を重ねて「稼ぐ力」を創造する組織のフローを確立します。

「改善に向けたPDCAのサイクルを回す。」口で言うのは簡単ですが、もっとも難しい業務の一つ。リソースも限られており現実にできることは限られています。ではどうすればいいのでしょうか。

人繰りして
Resources Monitoring

まずは行動履歴を残すこと。スキルの入れ替え、タスクの組替えの双方をしっかりと履歴に残し、どれが効果を出したのか、個別に把握できるようデータ化しなければなりません。一度作ったコンテンツで終わりにせず、工夫を重ねることで効果を出す。そんな精鋭メンバーを召集しましょう。

進捗確認し
Progress Monitoring

次に、精鋭部隊が動いている様子を把握します。作った「新しいシナリオ」が文字通り「シナリオ通り」に動いてくれる保証はありません。これらがしっかりと流れて初めて次の「くふう」をする余裕が生まれるよう、進捗を確認してまいりましょう。

予算を返済する
Financial Monitoring

ここまで精鋭化されてくると、時間をかけて実践した品質管理の効果が目に見えてきているはず。安心してください。あなたは最初から長期的視点でおカネの計算をしているので、「施策・コンテンツ・業務フロー」がマネタイズへのどれくらいのインパクトがあるかがわかっているはずです。

マーケティング業務を初めて行う法人様へ

「稼ぐ力」を創造し、顧客との適切な対話を具現化するマーケティング「業務」を私たちと実践しませんか。

Why?
なぜファイナンス?

DXは自社の稼ぐ力を高めるための中期視点の取り組み。それが期間が長い取り組みであるからこそ、投下資本が儲けに至るまでの長期の時間軸で追いかけるファイナンス視点で見ていく必要があるのです。

How?
まずはどこから?

初めての取り組みにおいては、スコープを定めて入っていく必要があります。フリーベルはマーケティングコンサルティング、並びにコンテンツの企画・制作を行うクリエイティブチームを社内に保有しています。お客様のビジネス課題をヒアリングし、ターゲット選定、メッセージングの段階から、具体的に業務をご支援いたします。

Learn more
もっと詳しく

持てる情報すべてを伝えることに意味はありません。プランナーがターゲットに何を、どのように伝えるべきかを明確に定義した上で、最適な形のコンテンツを制作と必要な業務を提供します。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5324-2349

メールでのお問い合わせ

info[at]freebell.net

当社に対するお問い合わせありがとうございます。
項目に必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。

ご注意事項

なるべく迅速な対応を心がけておりますが、回答に数日かかる場合もございます。