オペレーション遂行支援サービス

計画を実行に移す伴走サービスです。

「その計画は実践可能なのか」を常時検証し、業務の「遂行」をサポート。静的なサービスではなく、収益力強化へ向けた動的なサービスです。これら動的な行動を支えるため、SFAやMAなど「顧客行動データ」と併せ、足元の行動=「社内行動データ」を計測、各オペレーションに対する売上へのインパクトなど、様々なデータサイエンスの実証を並行して行います。

  • タスク単位に落とし込んで「行動計画」を具体的な実践に移します。(さらにそれをデータ化して活用します。)
  • 実践後の「持続」のため、3ヶ月ごとの体制確認や業務フロー確認を実施します。(さらにそれをデータ化して活用します。)
  • 時間管理によりメンバーの得意・不得意をあぶり出し、スキル構成を最適化します。(さらにそれをデータ化して活用します。)
  • 各オペレーションに優先順・スコアをつけ持続的行動力を確保します。(さらにそれをデータ化して活用します。)

よくある質問

マーケティング業務遂行支援サービスで良くある質問を下記にまとめました。
定期的にアップデートしています。

どんなサービスですか?
計画を実行に移す伴走サービスです。営業部隊を巻き込んだ形でインサイドセールスやデジタルマーケティングが一体となってオペレーションを回すことが必要だと感じている組織に最適なサービスです。
データサイエンスへの応用、とは?
本サービスは、SFAデータやMAデータなど顧客データがリッチになった、またはデータ・リッチにすべきと考えている組織が、より良いオペレーションを定着させるためのサービスです。

SFAやMAからの「顧客行動Data」に「社内行動Data」を追加で取得し、諸データ群の「売上に対するインパクト」や「時間効率性」などの探索的データ分析への取り組みを可能にします。そこで得られる示唆から「行動遂行力の改善」を行うことをデータ探索の目的とします。

このように「経営層がデータをもとに具体的な行動指示を行えること」が具体的な目的ですので、データを使って営業的に有効な打ち手(マーケティングの打ち手を含む)を講じる必要があると考えている企業に適しています。
時間はどれくらいかかりますか?
継続的に業務を改善しますので、サービス期間は貴社の状況に依存します。
適切な体制が確立するまでの間、断続的に関与させていただいたり、継続的に関与させていただくなど様々な形態があります。
こちらは何を準備すればいいのですか?
直接レポートさせていただく経営層の方のほか、社内スケジュール調整をしていただくご担当者を一人、社内でアサインしていただきます。この方はメッセンジャー的な役割はありませんので人物像としては組織変革に向けてのモチベーションの高い方がふさわしいです。

さらに詳しく知りたい方へ。フリーベルでは、勉強会やリモートセミナーを開催しています。